レンタルオフィスが大活躍します|スマートに始めるビジネス

男の人

オフィスの見つけかた

社内

法人を立ち上げる時に最優先するべきことは、賃貸オフィスを借りることです。新宿で賃貸オフィスを借りたい時には、新宿の不動産会社に問い合わせてみましょう。また、インターネットに掲載されている物件情報も参考になります。

もっと見る

必ず確認したいポイント

ミーティング

法人口座を開設できるか

東京の一等地に安い賃料で借りられるのがレンタルオフィスです。東京には多くのレンタルオフィスがあり、起業家から絶大な人気を集めています。起業直後は、どの起業家も資金集めに苦労します。レンタルオフィスを利用し賃料を大きく抑えられることは、ビジネスを軌道に乗せやすい大きなメリットがあります。これから東京で起業しレンタルオフィスを借りる方は、必ず2つのポイントを確認するようにしましょう。1つ目の確認ポイントが、金融機関の法人口座を開設できるかです。金融機関の法人口座を開設する際には、厳しい審査を通る必要があります。中には審査が通らないレンタルオフィスもあるため、予め確認することが重要です。東京のレンタルオフィスの中には、法人口座開設サポートをしているところもあります。安心して利用できるため、不安な方はサポートの有無で選ぶといいでしょう。

許認可を取得できるか

2つ目の確認ポイントは、許認可を受けられるかです。事業を行なう上で、許認可が必要な業種があります。許認可がなければ一切業務を行なうことができない場合には、レンタルオフィスで許認可が取得できるかは必ず確認する必要があります。社会保険労務士や行政書士に相談することで、許認可取得ができるかを判断することができます。もし創業融資を受けようと考えている場合には、審査が通るかも確認したいポイントです。特に自治体が提供している創業融資は、本店所在地が自治体内になければなりません。レンタルオフィスでは自治体内に本店がないと判断されるケースもあるため、税理士に予め相談するようにしましょう。税理士に相談することは、事業計画をきちんと立てることにもつながるためおすすめです。

SOHO物件で独立しよう

男女

SOHO物件を借りることで、総合的に賃料も抑えることができます。これから個人で独立する方は、賃貸オフィスとしてSOHO物件を借りてみてはいかがでしょうか。SOHO物件を借りる際には、法人登記が可能か、表札を掲げられるかを確認するようにしましょう。

もっと見る

店舗向けの物件探し

オフィス

大阪で飲食店経営を始めるときには低コスト出店が重要であり、そのためには不動産会社が提供する居抜き物件情報を活用するべきです。繁盛店の多くが繁華街の物件を選んでおり、業態や客単価に合わせて店舗物件を探すのがポイントです。

もっと見る